jyunko_kojinenzetukai







桜井純子・都議候補の個人演説会が6/27に開催されました!
保坂のぶと世田谷区長、福島みずほ社民党副党首も応援に!

一人ひとりのための議席を勝ち取ろう!

 6月27日、三茶しゃれなーど・オリオンで個人演説会が行われ、桜井純子・都議候補(世田谷)が、最終盤の訴えを行いました。19622489_1293043680793846_1451108323_n.jpg
 子どもの貧困をキーワードに、働く人、障害のある人、高齢者の方、選挙権を持たない子ども、小さな声を政治に反映するという本来のあり方に戻さねばならないことと、イジメが教育の現場、社会の空気の中で起きており、子どもたちの心の中、その背景に目を向けていくことの重要であることを訴えました。
 また、「小池都知事VS自民党のように報道されている中で、社民党が議席を獲得し、大きな政治的なゆるがし方つくっていきたい。自民党に寄り添えば“おこぼれがもらえる”というこれまでの構造は、小池都知事でも同じようになる。こういった政治構造を壊したい。127分の1の議席、これは桜井純子だけのものではない。政治を動かしていくための議席だ。1人1人のための議席を一緒に獲得していこう」と力強く訴えました。


応援弁士のみなさんから

世田谷区長 保坂展人さん
  「都政改革」と言う言葉が飛び交うが、石原旋風のような同じ様なことではダメだと桜井純子さんは明確だ。これまで子どものイジメで助ける仕組みをつくり相談が殺到、また「産後ケアセンター」など桜井さんのアドバイスが紹介され、1人1人の痛みがわかる議員として議席を勝ち取ろうと激励されました。



弁護士 杉浦ひとみさん
  都民ファーストに都政を任すことはできない。多数決で押し通すことが民主主義だと錯覚しているが、少数でも都民のために発する桜井純子さんに議員になってほしい。「藤井4段の29連勝」を例に、持ち場での駒、他の駒を活かしながら最後に勝つ、まず1勝しようと呼びかけられました。



新社会党書記長 長南博邦さん
  桜井純子さんを推薦して、当選に全力をあげる。安倍政権の暴走に歯止めをかけなければならない。野田市議の経験から、1人が頑張ったことで日本で初めて公契約条例ができた。都議会でもそうだ。小池知事に何でも言うことを聞く議員では何も変わらない。桜井純子さんを勝たせるために全力で取り組むと挨拶されました。



社民党副党首 福島みずほさん
  森友学園問題も1人の市議から始まった。ぶれずに頑張ることで政治が変わる。桜井純子さんは都議会に必要だ。国政はひどい、憲法9条を改悪し憲法改正発議の動き、まさに政治の正念場だ。戦争する国にしない、未来を変えよう、政治を変えよう、桜井純子さんを当選させることでやっていこうと訴えられました。


政策:世田谷区政の取り組みを東京都政でも!
政策:『都政改革』YES&GO!
第9回全国代表者会議での決意表明(要旨)へ
桜井純子website